母なる証明

映画「母なる証明」 ポン・ジュノ

あらすじ(ネタバレなし)

知的障害を持つ青年・トジュン。ある日、彼は酔って家へと帰る途中で少女に声をかけるのだが、その後その少女は何者かに殺されてしまう。トジュンは容疑者として逮捕されるのだが、トジュンの母は息子が殺人を犯すはずがないと信じ、自らの手で真犯人を探そうと動き出す。

感想(ネタバレなし)

いやー、これはかなり頭のおかしい映画でした。(超褒め言葉)

ホラーや猟奇殺人モノの映画を撮らせたら、韓国は最強だと思ってます。韓国って、ドラマはあんなにどうしようもないおバカ作品ばっかりなのに、映画は素晴らしい作品が多いですね。「オールドボーイ」や「チェイサー」など、心の奥底に伸びてくるような恐怖が描かれている映画がたくさんあります。この「母なる証明」も、なかなか言葉で表現するのが難しい、得体の知れない恐怖を感じる映画でした。

映画の雰囲気やテーマは、序盤からどんどん変化していきます。序盤はちょっとおバカなトジュン(この時点では知的障害を持っているということは明言されません。)と、その友達のゴロツキが、テンポのずれたシュールなギャグを繰り広げるおバカムービーの雰囲気を出しているのですが、殺人が起こってからは一転、知的障害と犯罪をテーマにした社会派映画になります。母は息子の無実を信じて奔走し、社会はトジュンの犯行として、暫くの間トジュンを病院に隔離するということで決着をつけようとする。

しかし、その社会的テーマが盛り上がってきたところで、映画はもう一段階先へと進んでいきます。その進んでいく先が、「頭のおかしい映画(超褒め言葉)」です。映画冒頭のシュールギャグを見ている間は、まさかこんな方向に映画が進んでいくとは、微塵も思いませんでした。驚きです。

念のため注意を!暴力や殺人のシーンを最も痛々しく描くと(私の中で)評判の韓国映画ですが、母なる証明でも痛かったです。映画を見ながら「痛っ!」っと呟いてしまうほどの痛さです。苦手な人はご注意ください。

トジュンの母親の役を演じたのは、キム・ヘジャという役者さんなのですが、この方の演技が非常に良かったです。子を心配する母としての顔も、真犯人を追う猟犬のような顔も、そしてその後の顔も、見事に演じきっていました。映画の冒頭が、茶色く枯れたススキの原っぱでキム・ヘジャが突然踊り出すという謎のシーンなのですが、このシーンで見せる(魅せる)表情からもう釘付けです。無表情で踊り始めてからの、目を隠しながら歯だけでニッと笑うあの表情は凄かったです。映画を見終わってからもう一度この表情を見ると、もうゾクゾクして仕方がなかったです。

なお、知的障害を持つトジュンを演じたウォンビンは及第点です。なかなか頑張っていましたが、キム・ヘジャの演技の前では一味も二味も見劣りがしてしまった気がします。ウォンビンが悪いんじゃない。キム・ヘジャが良すぎたんです!

感想(ネタバレあり)

ここから先は、物語の核心に触れる記述があります。まだこの映画を見ていない方はご注意ください。


スポンサーリンク
















はじめにトレーラーを見たときに、母が息子のために走り回る姿を見て、「あー、これはきっと感動できる良い作品だなー。」と思っていました。そうです、映画はその方向に進むべきだったんです。どこで間違えたのでしょう。母が執念で幾多の困難を乗り越え、息子の無罪を証明し、また息子と2人仲良く暮らす日々に戻っていく。タイトルだって「母なる証明」じゃないですか。
ですが、そのような単純な感動物語だったら、きっとここまで強く衝撃を受けることもなかったでしょう。

シュールコメディーから、知的障害と犯罪という社会派映画に変化していき、そして最後はサイコスリラー。映画のラスト、母親がバスの中で踊る仲間たちに混じっていくシーンは、底知れぬ恐怖に飲み込まれました。この恐怖を言葉で表現するのは難しいのですが、きっと、あれが怖いシーンでなかったから怖かったんだと思います。明るい音楽にバカ騒ぎのような踊り。その中にどんよりと沈んだ狂気を感じたから、得体の知れぬ恐怖を感じたんだと思います。

さて、だいぶ先走って書いてしまいましたが、時系列を戻そうと思います。
映画の冒頭のシュールな感じは結構好きでした。ベンツに当て逃げされて、復讐のためにゴルフ場に出向く件です。「この町でベンツが行くのはゴルフ場に決まってる。」っていうセリフも笑えましたし、カートに乗ったひき逃げ犯たちに襲いかかろうとするも、タイミングがグダグダでおバカになるところとか、かなり笑えました。だからこの時点では、トジュンをただのおバカキャラだと思っていました。
トジュンの友人のジンテがベンツのサイドミラーを蹴り壊すのですが、警察の取り調べの時にジンテがトジュンに向かって「おまえなんでサイドミラー壊しちゃったんだよ!」って言うと、トジュンが「なんで壊しちゃったんだろう。」って答えて、自然とトジュンがやったことになっちゃう流れを見て、これが真面目なシーンなのかおバカなシーンなのかが判断できませんでした。
映画を見ていてトジュンの知的障害を確信するのは結構中盤の方で、弁護士が「病院」という言葉を使ってからです。殺人容疑なのに、刑務所ではなくて病院ということは、つまり殺人時に正常な判断ができる状態ではなかったと考えられるからです。
もう少し早い段階でトジュンの知的障害を説明してくれていたら、もう少し早い段階で社会派映画として見れていたので、この点はちょっとプンスカです。おこです。

ですが、そんなプンスカも吹っ飛んでしまうくらい、この先の展開はぶっ飛んでいました。
最初に「これは?」と思ったのは、面会に来た母親に対してトジュンが「僕が5歳の時に、お母さんは僕を殺そうとしたよね?」と言うシーンです。母一人子一人で、犯罪スレスレの商売を続けながらなんとかかんとか暮らしているような超どん底の生活で、母が絶望の淵で心中を考えたとしても不思議ではありません。だから私はこの時、「母に、もう会いに来ないでと言い放った息子」よりも、「息子を殺そうとした母」に同情しました。しかし母親は続けて言います。「悪いことを忘れられる(鍼の)ツボがふとももにあるから!ふとももを出して!」
ここで、「うん?この母親ちょっと危ないぞ?」と思いました。もしかしたら、過去にも同じようなことをして闇に葬った記憶があるのではないかと。ただ、「これで息子に背を向けられても、一途に息子のために真犯人を探す美しい親子愛が描けるな。」とも思いました(打算的!!)。「これでクライマックスは感動だな!」って。

しかし、もちろんこれはラストへと続く伏線です。
母は真犯人を探す過程で、ひとりの男に辿り着きます。トジュンが被害者の少女に声をかけた時に、ある男を見かけたことを思い出し、少女の携帯電話に入っていた写真からその男を割り出します。「こいつが真犯人だ!」っていう具合に。しかし、その男に会って聞いた話は驚くべきものでした。その男は現場近くで横になっている時に、トジュンが少女に声をかけた時の一部始終を目撃していたのでした。

「男は嫌いか!」っと少女の背中に声を投げかけるトジュンに対して、その少女は「男は嫌い。だから話しかけないでよバカ野郎。」と、大きな岩を投げつけて言い返します。少女は生活のために体を売っていたので、どうしてもトジュンの投げかけた言葉が許せなかったのでしょう。しかしトジュンには「バカ」という言葉に過剰に反応するクセがあって、そのために大きな岩を投げ返しました。その岩は少女の頭を直撃し、少女は死んでしまいます。その後トジュンは少女を屋上へと運び、みんなに見える場所へと死体を置きます。
これは後にトジュンが言っていたことなのですが、少女の死体をみんなの見える場所へと運んだのは、血を流している少女をみんなに発見してもらいたかったからです。「血が出てるから早く病院に連れて行って。」って。つまり、事故だったのです。人を殺めたことは償いようのない罪ではありますが、それでも事故だったのです。

真相を知った母の判断は迅速でした。警察に報告しようとしたその男を殺します。そして建物に火を放ちます。この時のキム・ヘジャの演技は最高でした。「あ!殺さなきゃ!」ってなって、無表情でモンキースパナを叩きつけ、我に返って「あ!とんでもないことをしてしまった!」っていう驚愕の表情になり、冷静になり「さあ、どうしよう。」と考え、最後は完全に作業として火を放っていく演技は、正に狂気そのものでした。拍手です。

ちょっと話は飛びますが、チェイサーを見た時にも思ったのですが、韓国の警察ってあんなにダメダメなんでしょうか。いくら死体も建物も燃えたからといって、スパナでなぐったら頭蓋骨は大変なことになるでしょ?捜査しないの?トジュンが逮捕された時の捜査もズサンの極みってやつでした。取り調べでは脅迫まがいのことして、知的障害があるのが分かっていて調書に判子押させて。これはもちろん映画だからですよね?実際に韓国の警察がこんなヘッポコだったら、それこそ怖すぎます。母なる証明をみて「怖い。」とか言ってる場合じゃありません。

話を戻します。警察のずさんな捜査は続き、今度は全然別の人物が真犯人として逮捕されます。(真犯人はトジュンなのに!)
釈放されたトジュンは、母が火を放った建物に偶然立ち寄り、そこで発見した母の鍼治療の道具を「落としちゃダメじゃないか。」と言って母に渡します。このシーンも結構怖くて、「実はトジュンはいろいろなことが分かっているんじゃないか。分かっててやってるんじゃないだろうか。」という疑念が浮かびます。分かっててやってたらもの凄い怖い話なわけで。もちろん、単純に母のことを気づかって「落としちゃダメ」と言ったと解釈するのが普通と思います。

母は、この鍼治療の道具を渡されたことで、記憶の隅に追いやっていた殺しの記憶が一気に襲ってくることになります。そして母は、バスの中で自分のふとももの「悪いことを忘れられるツボ」に鍼を刺して、何事もなかったかのようにバカ騒ぎに混ざるのでした。

この後味の悪さといったら一流です(超褒め言葉)。完全に「見てはいけない物を見てしまった」感全開です。ハリウッドのヒット作品のような「みんなハッピーだね!」っていう陳腐なエンディングもないし、ドカーンってなって「ああ!ビックリした!」っていう見せかけホラーもありません。見終わった後に残るのは、ただただ陰鬱な感情と、暗闇の底に潜む恐怖です。「みんなハッピー!」な映画に慣らされてしまった人が見たら、トラウマになるんじゃないかというような映画です。それほどに強烈な映画でした。

最後に痛い話を。痛いシーンは本当に痛かったです。母親がモンキースパナを振り回すシーンでは、殴られてる人間は映されないのですが、殴ってる側に飛び散る返り血が痛かったです。トジュンのことを悪く言ったヤツの顔を、ジンテが蹴って歯が折れてしまうシーンもあるのですが、こういう直接的な描写よりも、返り血だけを映すという間接的な描写の方が痛さは大きかったです。想像力による痛みの倍増です。
そういう意味で一番痛かったのは、トジュンが投げた岩が少女の頭に当たるシーンです。音もなく飛んできた岩が少女の頭に直撃し、「ゴッ!」っていう音がして少女が倒れる。血も飛ばなければグロテスクなものも映らない。なのに、「ひっ!」ってなる程痛い。見ている側の想像力までを駆使して、痛いものをここまで痛く映し出す韓国映画の技術は素晴らしいと思います。

ただ、実は私、痛いシーンとか凄く苦手なんで辛かったです。

スポンサーリンク




ぺんぎん

ぺんぎん の紹介

物語をこよなく愛するフリーライター。 物語ならば、映画、小説、アニメ、ゲーム、マンガなどなど、形態は問いません。ジャンルや作者に縛られない乱読派。
カテゴリー: 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事と同じカテゴリの最新記事