蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC

映画「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」 岸誠二

あらすじ(ネタバレなし)

西暦2039年、温暖化の影響で多くの陸地を失った人類。そして、第2次世界大戦時の軍艦を模した正体不明の艦隊「霧の艦隊」の襲撃。人類の科学技術を遥かに凌駕する霧の艦隊により、人類は海上を追われ、長距離通信の手段を絶たれた。人類が明確な打開策を打てない中、士官候補生の千早群像は仲間と共に、霧の艦隊から離脱した潜水艦・イ401に乗り込み出航する。
霧の艦隊の一部の艦には、「メンタルモデル」と言われる人型のシステムがついていて、対話形式で命令の伝達ができる。初めはただ命令を伝達するだけのシステムであったイ401のメンタルモデル・イオナは、次第に「意志」や「生きる意味」や「未来」について考えていくことになる。

感想(ネタバレなし)

久しぶりにしょうもない映画を見てしまったと思ったのですが、この映画、2部構成のうちの第1部だったんですね(´・ω・`)

前半はテレビアニメの総集編でした。正直、「このまま総集編で終わってしまったらどうしよう・・・。」と思いながら見ていたのですが、それは杞憂と言うものでした。後半は完全新作になっていて、テレビシリーズのその後のお話が語られます。が、「新キャラも登場してこれから盛り上がっていくぜ!」っていうところで映画は終了!!「なんだよそれ!!!」って思って先ほどググってみたら、実は2部構成でしたっていうことが分かったという次第でございます。

正直、わざわざ映画にするような内容ではなかったと思います。私はレンタルでお家で鑑賞したのですが、映画館に見に行っていたらきっとプンスカだったと思います。少なくとも1800円出して見る内容ではないと思いました。ただ、戦闘シーンは相変わらずの緊迫感で、迫力もありました。未来兵器を使った派手な撃ち合いだけでなく、予想外の戦略を使った頭脳戦的な戦闘の流れは、テレビシリーズ同様非常に面白かったです。これを映画館の大スクリーンで見て、大きな音で聞けたらきっとすごい迫力だっただろうなと思います。
そういう意味で、毎月1日の映画が安く見られる日とかに見に行っていたら、きっと満足できたと思います。(細かい)

前半の総集編ですが、こちらは完全にテレビアニメを見た人用です。何の知識もなしに見に行ったら、きっとチンプンカンプンだと思います。一度シリーズを見た人が、「ああ、あのシーンは良かったよね!」って思いながら振り返る内容です。「ああ!まだクマになってないキリシマだ!」とか思ったり、タカオが涙声で「これじゃ、私の入り込む隙間なんてどこにもないじゃない。」って言うシーンで泣いたり、コンゴウの「私はお前が嫌いだ。」のセリフにゾクゾクしたりできるのです。迫力の戦闘シーンも、涙した感動シーンも、しっかりと網羅されています。網羅されている分、カットが断片的すぎて、初心者お断りな感じがしたということです。

後半新作は面白かったです。いや、正確には「面白くなってきたところで終わってしまった。」です。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の劇場版では、「総集編+おまけ」っていう作りで非常にガッカリした記憶があるのですが、蒼き鋼のアルペジオではそんな姑息な手段は使われていません。しっかりと新作で、しっかりと続編です。第2部が楽しみです。
総集編だけで映画をやってしまうと、「総集編は見なくていいから、新作の方だけ見に行こう。」という人がいるので、「総集編に新作の導入部も入れちゃえ!」っていうマーケティング戦略なのでしょうが、大変ウザいです。テレビアニメが凄く良かった分、いらんところで印象悪くした感じがあります。

とは言え、続きは大変期待できそうな感じなので(マーケティング戦略にハマってる!)、第2部の「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza」を楽しみにしておこうと思います。レンタル開始は2016年3月25日だそうです。

次こそきっと、\カーニバルダヨ/

感想(ネタバレあり)

ここから先は、物語の核心に触れる記述があります。まだこの映画を見ていない方はご注意ください。


スポンサーリンク
















私は断然コンゴウ派です!!(聞いてない)
孤高で美しく見えたコンゴウ姉様が、実は孤独と寂しさを抱えて震えていたんて、ゾクゾクします!!!(??)
そのコンゴウが!!新作では出番があるのですか???新作パートに入ってから、コンゴウ姉様の出番がサッパリないじゃないですか!!!これは由々しき事態ですよ!!ま、まだ導入だから。盛り上がってきたらきっと!!きっと登場しますとも!!

新キャラが続々登場したところで幕引きになるなんて、「対魔導学園35試験小隊」の悪夢の再来かと思いました。(対魔導学園35試験小隊の感想はこちら
アルペジオの方は取り敢えず続きがあるので安心しました。

新作の導入部の内容についてはアレです、大したボリュームではありません。ただ、ちょっと2,3言で説明できるほどの内容でもありません。だから、第1部を見ずに第2部を見るわけにはいきません。大変腹立たしいです。タカオのサービスショットが素晴らしくなければ、本当におこだったと思います。
このタカオとヒュウガのシーンは大好きで、(主にタカオの水着姿が好きなのですが、)絶妙な漫才が素晴らしかったと思います。いわゆる仲が悪いけど絶妙なコンビというやつで、定番とも言えるこのタイプのコンビは大好きです。次作で活躍すると思うので、期待しています。

コンビといえば、ハルナ・キリシマ(+刑部蒔絵)コンビ(トリオ?)も相変わらず可愛らしかったです。地下に潜るということで、こちらも次作での活躍が期待されます。
蒼き鋼のアルペジオ映画
「Don’t seek us!」は「私たちを探すな!」、「Buon appetito!(ブオナペティート!)」はイタリア語で「いただきます!」って意味です。

今回メインの戦闘シーンは、対ヒエイ戦です。なぜか生徒会長と名乗るヒエイ(メガネパッツン)と、相変わらずの緊迫感あふれる戦闘を繰り広げます。まあアレです、映画のメインパートってやつです。この映画の唯一のウリってやつでしょう。今回も未来兵器のド派手な戦闘ですし、「なんじゃそりゃ?」っていう未確認現象も起こって、相変わらずのカオスっぷりです。動きもスピード感も申し分なしの戦闘シーンです。

しかし、アクションシーンや戦闘シーンにあまり重きを置かない私ですので、戦闘シーンの感想は適当です。
戦闘が終わると、衝撃の展開に移るわけです。地球上のすべての通信が乗っ取られ、霧の艦隊から人類に向けてメッセージが送られます。そして、新キャラである生徒会の面々が登場し、大ボス的存在の戦艦・ムサシ(くぎゅう)が現れます。さらに!なんとムサシの隣には千早群像の父親・千早翔像が立っているのです。
千早翔像が言います。「これは人類への、降伏勧告である。」

なんと!ここで終わってしまうんですよ!!信じられない!!これから始まるっていうところで終わってしまうんですよ!!おこだよ!!くぎゅううううううううううううううう!!!!!!!

ということで、次回\カーニバルダヨ/を期待しています。(おわり)

スポンサーリンク




ぺんぎん

ぺんぎん の紹介

物語をこよなく愛するフリーライター。 物語ならば、映画、小説、アニメ、ゲーム、マンガなどなど、形態は問いません。ジャンルや作者に縛られない乱読派。
カテゴリー: アニメ, 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この記事と同じカテゴリの最新記事